通常、任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険の範囲ではまかなえない補償を受ける大切な保険です。この任意の保険に関しては自賠責保険の上級保険として有用なものですので自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を上回った場合に有用です。さらに自賠責保険だけでは物的損害に関しては補償対象にならないのでそこまで補う場合はさらに任意保険にも加入するのがいいと思います。もう任意保険の保険料を納付済みの自動車を廃車にする時は国産メーカーの車でもドイツ車というようなことは関係なく、残っているお金が還付されます。これは国産自動車の売却の際も例外ではありません。自動車損害賠償責任保険の場合通常かけたままにしておくのが通例ですが任意保険の場合は全員が入る保険ではありませんので、契約解除になります。さらに、解約をすればすでに 支払い済みの残っているお金が返還されるということになります。愛車の取引が決定したと言ってもすぐさま任意保険の契約を解除するという選択肢はリスクが高いです。当然早くキャンセルすればそれだけ戻ってくる保険料は多くなりますが、もしかしたら自動車買取店が遠くにあって、自ら運んで行くことになったケースでは保険なしで運転をすることになります。万が一のことに備えて、もう自分で自動車の運転をしないという状況にする時まで任意保険の解除はされないようにする必要があります。所有車を処分してすぐ新しい車を買う場合でしたら問題ないと思いますがもしずっと車に乗らない状態が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に入っていない時間が存在すると、以前に継続していた任意保険の等級が下がってしまい、保険料の金額が上がってしまいます。このような時であれば「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」があれば、一定期間は契約解除前の任意保険の等級を引き継ぐことができます。そして、13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができますので今現在で自動車を売却済みで、「中断証明書」というものを提示されてもらっていない状況であれば任意保険の代理店に中断証明書を発行していないことを伝えてください。仮にあなたがまた自動車を買ってその後前に保有していた車を買取依頼する場合は任意保険は一方のみのになります。契約し直しということになるため、運転をする予定の愛車だとしたら引き取りまでには注意しましょう。また、任意保険は車種などで料金が多少違ってきますから愛車買取の時は任意保険の内容を検討する良いタイミングといえます。